CP・CTPプログラム

シンプルでコストパフォーマンスに優れた杭頭半固定接合法「キャプリングパイル工法」、「キャプテンパイル工法」の設計をサポート

CP・CTP工法の専用プログラム

このプログラムは既製杭用の杭頭半固定接合工法である「キャプリングパイル工法」、場所打ち杭用の杭頭半固定接合工法である「キャプテンパイル工法」を
使用される皆様がより快適に、簡単に杭基礎構造計算を行うために開発されたプログラムで、以下の特徴があります。

 接合工法を選択して計算が可能

このプログラムではCP・CTP工法を採用した杭基礎構造計算を行います。また、杭頭剛接合工法を採用した場合とCP・CTP工法と杭頭剛接合工法を併用した場合の杭基礎構造計算を行うことも出来ます。

 全ての杭種に対応可能

既製コンクリート杭、場所打ちコンクリート杭の全ての杭種に対応可能となっています。既製コンクリート杭は断面データが装備されているので、杭種を選び、杭長を記入していただくだけで、杭の入力は完了です。

 鉛直支持力の計算可能

告示式を用いて鉛直支持力(押込、引き抜き)の計算を行います。また、算定式の中のα、β、γの値を変更することが可能です。本プログラムで計算を行わずに、鉛直支持力を直接入力することも出来ます。

CPPCリング

 応答変位法による構造計算が可能

地盤の応答変位を考慮した杭の水平抵抗計算を行います。足し合わせ方法は二乗和平方根、絶対値和が選択出来ます。非線形に関しては双曲線での評価も出来ます。

 Excelベースでの入力が可能

表形式及び杭伏図形式で入力が可能になっているので、視覚的に分かりやすく、設計をすることが出来ます。また、全ての項目でExcelベースとなっており、コピー&ペーストで入力することが出来ますので、人為的なミスが少なく、簡単に入力が出来ます。

 地盤ばねの選択が可能

多層地盤に対して、非線形を考慮して計算を行うことが可能です。計算方法として基礎構造設計指針かFrancisのばねを用いての計算が可能となります。

動作環境

OS Microsoft Windows7/Windows8.1/Windows10
メモリ 1GB以上(2GB以上を推奨)
ハードディスク 1GB以上
画面解像度 1280×800以上推奨
必須ソフトウェア Microsoft Excel 2010、またはそれ以上
その他 ライセンス認証にはインターネットの接続が必須です。
※プロキシサーバを利用されている一部の環境下においては動作しない場合がございますので、社内のシステム管理者にご相談ください。

ダウンロード

2019/12/02 1.1.11 支持力の直接入力の際の計算障害に対応しました。
2019/12/02 1.1.11 終局時、PCリングの接合面摩擦の計算障害に対応しました。
2019/10/09 1.1.8 地盤バネの深度の誤表示を解消しました。
2019/10/09 1.1.8 杭頭回転角の検定比の誤表示を解消しました。
2019/07/26 1.1.3 水平力考慮無し時の障害対応実施しました。
2019/06/25 1.1.2 鋼管杭検討機能の機能拡張を致しました。
2019/05/28 1.0.32 微小軸力時の対応をしました。
2019/04/16 1.0.30 収束計算回数の上限を50回から100回に変更しました。
2019/02/12 1.0.28 「引張鉄筋無し」フラグに対して、鉄筋無しの状態となっていないことによる障害に対応しました。
2019/01/08 1.0.27 引張定着筋の検討CSVファイル出力障害に対応しました。
2018/12/14 1.0.23 杭頭部区間内の検定時で曲げモーメントの採用方法を最大曲げモーメントを採用に変更しました。既成杭 杭断面1の検定時の障害対応を実施しました。
2018/11/29 1.0.20 DBファイルの登録数を500から10,000に拡大しました。
2018/11/13 1.0.19 Francisのばね時、KfsiをCSVデータとして出力可能にしました。
2018/10/29 1.0.18 既成杭におけるFrancisのばねの障害対応を実施しました。
2018/10/17 1.0.17 群杭の水平力分担、場所打ち杭 杭頭絞り率の障害対応実施しました。
2018/07/19 1.0.16 鋼管場所打ち杭のMN相関図の障害対応実施しました。
2018/06/26 1.0.15 PCリング出力、鋼管場所打ち杭切り替え部許容耐力の障害対応実施しました。
2018/04/23 1.0.14 CP・CTPプログラムを一般公開しました。

ピックアップ製品

オクトブレース

優れた性能とコストパフォーマンスを実現

制振・耐震補強性を備えたオクトブレース

ブレース材として働く鋼製の芯材をアルミニウム製の閉鎖型断面で拘束し、引張時、圧縮時とも安定した履歴特性を有し、圧縮軸力下でも座屈しないブレース(BAランク部材)として取り扱うことができます。床面積が大きい物流倉庫や中低層建物をはじめ、高層ビル等に有効的に活用できると考えており、同施設への建設投資の低減に貢献できるよう低コスト化にも尽力しています。

サンプルデータ

CP・CTPプログラムのプログラム入力参考例(サンプルデータ)や資料・報告書をご用意いたしました。

ユーザー登録

お名前 必須
フリガナ 任意
会社名 必須
都道府県 必須
電話番号 必須
e-mail 必須

※CP・CTP工法普及の貴重な意見を頂戴するためアンケートを実施しております。答えれられる範囲でご協力くださいますようお願いいたします。

現場名 任意
現場の場所 任意
杭本数 任意
使用目的 任意
利用規約
  1. 利用方法
    ユーザーにはID・パスワードを発行させていただきます。ユーザーはそれらを用いてログインすることにより本システムをご利用いただけます。
  2. 個人情報の取り扱い
    ご登録の際、E-mailアドレス、電話番号、ご住所等をご送信いただくにあたり、お預かりした個人情報については、関連法令を遵守して取り扱い、第三者に公表することはありません。
  3. 中止・休止について
    本システムは、システム変更等のメンテナンス、天変地異、その他止むを得ない事情により、事前にユーザに通知することなく中止・休止する場合があります。
    前もって詳細をご案内できる場合には、トップページにてご案内いたします。あしからずご了承ください。
  4. その他免責事項
    本プログラムは、設計補助を目的としております。出力結果につきましては、必ず内容をご確認ください。
    本プログラムの検討結果の使用により生じた損害は一切の責任を負いかねます。
  5. キャプテンパイル協会の会員でないお客様(以下「一般のお客様」といいます)は、本プログラムのご利用にあたり、キャプテンパイル工法の設計、施工及び使用等につき以下の事項を遵守いただく必要がございますので、予めご了承ください。なお、当社は、以下の事項にかかるキャプテンパイル協会の意思決定及び施工指導等につき、一切の責任を負いかねます。
    1. 一般のお客様がキャプテンパイル工法の設計を行った場合には、キャプテンパイル協会による「設計結果評定内容照合」を受ける必要があること。
    2. 一般のお客様がキャプテンパイル工法の施工を行う場合には、キャプテンパイル協会に対して使用申請を行い、同工法の使用につき同協会の許諾を受ける必要があること。
    3. 一般のお客様がキャプテンパイル工法を施工する場合には、キャプテンパイル協会による施工指導を受ける必要があること。
    4. 一般のお客様によるキャプテンパイル工法のご使用には、最大杭径の制限等があること。(φ800~φ2500)

なお、「設計結果評定内容照合」や「使用申請」の手続き等に関して不明な点がございましたら、本ページ下部に記載の連絡先にお問い合わせ下さい。